個人型確定拠出年金とは何ぞや

個人型確定拠出年金とは、月々一定の掛け金を支払い金融商品によって運用、60歳以降に年金や一時金として受け取る制度です。投資信託とは似ている制度ですが、まず大きく異なるのが60歳にならないと掛け金や運用益を受け取ることができません。その一方で、税制上の優遇が設けられている制度なんです。

具体的な優遇は、掛け金は全額所得控除の対象となり、運用によって生じた利益も非課税の対象なんです。さらに、実際に受け取るときには公的年金等控除もしくは退職所得控除の対象となります。投資信託では好きな時に掛け金や運用益を受け取ることができる一方で、運用益には税金が課せられるため税金面での違いも大きいです。

掛け金はどれくらい必要?

月額5000円から始めることができる個人型確定拠出年金ですが、職業によって上限が決められています。まず、公務員であると月額1万2000円が上限です。会社員では企業型年金の種類や有無によって上限額が異なり、月額1万2000円、2万円、2万3000円と幅があります。専業主婦・主夫の場合は月額2万3000円で自営業では月6万8000円です。

掛け金の変更は年に1回のみ行うことができますが、例外的に会社員から自営業になった等変更があったときにはその都度変えることができます。

掛け金の支払いが困難になったという場合にも、手続きをすることでいつでも休止することもできますし、いつでも再開することが可能です。その時の支払い能力に応じて掛け金の額も検討していくことが大切です。

iDeCOとは個人型確定拠出年金の愛称で、individualtypeDefinedContributionの頭文字から取られており、イデコと読みます。毎月の掛金は全額が控除の対象です。