個人型確定拠出年金「イデコ」とは?

イデコとは個人型確定拠出年金の愛称です。従来の公的な国民年金や厚生年金と組み合わせて、自分で掛け金を拠出し運用し60歳以降に年金や一時金で受給する私的な年金制度です。原則として60歳になるまで引き出すことができないため老後の資産形成の方法のひとつです。

従来は自営業者や企業年金のない会社員が対象でしたが、制度の改正により公務員や主婦、企業年金のある会社員まで対象が広がり、20歳以上60歳未満のほとんどの人が加入できるようになりました。

イデコはどこに加入する?

イデコに加入する時は運営管理機関を決めなくてはいけません。銀行や証券会社、保険会社などの金融機関に申し込みます。ただし運用中に利用できる運営管理機関は1か所だけなので申し込む時は慎重に検討しましょう。

利用できる運用商品は定期預金や保険商品、投資信託などがあります。運営管理機関によって運用商品は異なります。運用する商品はひとつでも複数組み合わせることもでき、変更することも可能です。

長期の運用となるため商品を選択する時には、運用に係る手数料などのランニングコストも視野に入れることが大切です。パンフレットなどで分からない時は、コールセンター等を積極的に利用しましょう。

イデコは税制上のメリットが大きい

イデコは税制上の優遇措置があります。

毎月の掛け金は全額所得控除となり、所得税や住民税の軽減になります。

一般的には投資信託などの運用益には源泉分離課税がありますが、イデコの場合は非課税となります。

受け取る際は年金で受け取る場合は「公的年金控除」、一時金の場合は「退職所得控除」の対象となります。

個人型確定拠出年金が、専業主婦でも加入できるようになりました。将来もらえる年金を増やせる可能性もありますが、損をする場合もあるので、仕組みをよく理解しておく必要があります。