デビットカードとはどんな点が違うか

買い物をするとき、クレジットカードであればカードを見せるだけで支払いが終わります。お金を渡す必要もお釣りをもらう必要もありません。お釣りのやり取りが面倒と感じるなら作ると良いかもしれません。ただ、この便利さがあだになる人もいます。手持ちのお金が無くてもどんどん買い物ができるので、不要なものをどんどん買ってしまうケースがあります。いつの間にか上限に達していて、支払いに困るようになります。同じような仕組みとしてデビットカードがあるので、こちらの利用も検討しましょう。紐づけされている銀行口座の残高以内で買い物ができるのが大きな違いです。クレジットカードと同じブランドが使えるお店で、同じように提示すれば買い物ができます。

デビットカードには2つの仕組みがある

デビットカードは、買い物時の支払いを銀行口座から引き落とせる仕組みです。使い方はクレジットカードとほぼ同じで、ATMから現金を下して買うなども不要なので非常に便利です。ただ、日本においては2つの仕組みが用意されています。今一般的に使われているのは、クレジットカードのブランドがついたタイプです。そのブランドのクレジットカードの支払いができるお店で支払えます。ポイントがついたり、旅行保険が付帯されるものもあります。もう一つは、日本独自のサービスです。一般的な銀行のキャッシュカードを使って支払える仕組みになります。この支払に対応したお店でしか支払いに使えません。大手コンビニチェーンの他は、あまり使えるお店がないのがネックです。

決済代行は、多種多様な決済や煩雑な手続きを契約者の代わりに行います。契約先が多岐にわたる場合、コストの削減、時間の短縮につながります。