自動車保険で必要なものを考える

自動車保険には様々なタイプがあります。保険の会社も多いですので、どの保険を選んだらよいのか分からない人も多いでしょう。ディーラーで新車を購入した場合には、新車を購入した時にディーラーの方で勝手に保険に加入をしてくれるため、そのままにしておく人が多いですが、あとで考えれば、かなり無駄にお金を支払っている可能性があります。そこで、一度自動車保険で必要なものと必要でないものを見直してみましょう。

自動車保険に必要なものは、対人保険と対物保険になります。これは、自動車を運転していて万が一人を引いてしまった場合や、他の車にぶつけてその車を壊してしまった場合に保険が適用されます。対人保険の対物保険はたいていどの自動車保険にも含まれていますが、この二つは必ず外してはいけません。

中には、対物保険を制限有りにして、費用を安くする人もいますが、対物保険はいざという時に重要になります。例えば、高級外車にぶつけてしまい、廃車にしてしまった場合などは数億円の請求がくることも考えられます。

対人保険は必ず入っておくべき

対人保険は自動車保険の中で最も重要な保険と言えます。対人保険に入っていなかったせいで、数千万円の借金を背負ってしまった人も少なくありません。このような理由から、必ず対人保険に入る必要があります。

それ以外で重要なのは、車両保険です。車両保険は必ず入らなければならないものではありませんが、可能な限り入っておいた方がよいでしょう。10万円程度の修理の場合であれば保険を使う必要はありませんが、20万円以上の修理で使う場合には、とても重宝します。

自動車保険には2種類あり、ネット型と代理店型があります。ネット型では、ネットを通じて自動車保険の見積もりができ、ネット割引がある場合が多いです。