美容院で働く為に資格は必要?

美容院というのは、資格がない人でも働く事は可能です。ただ、美容師の資格を持たない人の場合、お客様に触れる仕事を行う事はできず、床に落ちた髪の毛の掃除や汚れたタオルの洗濯等がメインの仕事となります。

掃除や洗濯が中心でも、いつかはお客様の髪の毛に触れる仕事ができるのではないかと考える人もいるでしょう。ですが、その為には美容院で働くと同時に、通信教育や専門学校で勉強をして、資格取得を目指す必要があります。

早く美容師として働きたなら

少しでも早く美容師として働きたいのであれば、専門学校に通う事がおすすめです。美容師の資格試験には受験資格が設定されており、通信教育の場合は3年以上となっているのに対し、専門学校であれば昼間でも夜間でも2年以上で受験資格を得られる事になります。

実際に美容師として働く為には、受験資格を得た後に、資格試験に合格し、免許登録を行う必要があります。資格試験の合格率は80%台となっていますが、落ちてしまう可能性がないとは言い切れません。その為、早く美容師として働きたいのであれば、少しでも早く受験可能な状態を作っておく方が良いでしょう。

美容師になる為の専門学校の選び方

美容師の試験では、実技だけでなく筆記試験もあります。

高い技術を学べる専門学校でも、家からとても遠い場合、自宅でしっかりと筆記試験対策ができない可能性が出てきます。ですから、専門学校を選ぶ時には、資格試験の勉強をするだけの時間を確保できる立地にある学校を選ぶようにする事がおすすめです。

美容の専門学校には、ネイルからメイク、ヘアスタイルなど様々な分野がありますが、トータルで学べる学校もそれぞれの分野に特化した学校もあるため、目指す方向に合わせてベストな場所を選ぶ必要があります。