実は保険会社のスタッフが来ない事が多い。

自動車事故が発生したら代理店や事故受付センターを通じて連絡するようになりますが、事故現場に保険会社のスタッフが来ることはほとんどなく、来るのは下請け会社のロードサービス担当スタッフです。ロードサービスのスタッフは事故の話をするのではなく、事故車のレッカーや台車の手配などを行います。

人身事故の場合には後日訪問される場合あり。

保険会社によっては人身事故の際に訪問を受ける事があります。人身事故の場合だと、警察署などに提出する書類や病院通院に関する保険金に関する書類があるので、物損事故と比べて正確に書類を作成するためです。物損事故の場合だと警察署に提出する書類はないですし、修理工場からの聞き取りで全てわかる場合がほとんどなので、担当者が訪問することはほとんどなく電話対応のみとなります。

保険金の支給だけではないですよ。

事故の後に保険会社が行うのは保険金の支給だけではないです。相手がいる事故の場合には相手の保険会社と話し合いを行い、過失相殺を決めます。相手に保険会社が付いていない場合でも、保険会社が雇っている顧問弁護士や依頼者が頼んだ弁護士などを通じてきちんと相手と話をしていきます。相手や相手の保険会社が話し合いに応じない時でも、弁護士を通じて責任を持って解決するので安心ですよ。

きちんと報告もしてもらえます。

保険会社の担当者は示談交渉に進展が見られたら、その都度報告してもらえます。また電話した際に教えてもらう事もできます。そのため示談交渉がどのように推移しているかリアルタイムで知る事も可能です。

自動車保険はたくさんの保険商品が出ているので、自分に合った保険がなかなか見つからないといったことも少なくありません。そういったときは、インターネットで各社の自動車保険の比較をすると良いでしょう。